同一軌道線上での衝突事故

衝突する対象物が動いている状態であるか、対象物が動いていない状態であったのかの二つの種類が考えられるということです。第二として、すべての衝突を突き詰めて考えてみると、衝突とは、動いている が止まっている 、もしくは動いている とぶつかることを言いますが、これを整理して分類してrみると、二通りに分けられる。その一つは、同一軌道線上で発生するもの。二つ目は、交差(クロス)状態で発生するものです。同一軌道線上での衝突事故例は、信号待ちなどをして一時停車している車ゃ、道路上に駐車していた車への衝突や、とな の車線を走っていた車が突然車線を変更して自分の車の直前に出たために、その車に追突したなどの事故で、これらの事故の発生率は、決して少なくありません。交差(クロス)状態での衝突事故例は、交差点や交差路など、道路が交差している交差部分で発生する事故で、交通事故の大半がこの事故なのです。交通事故がどのようなものなのかがわかったところで、それでは、どうして衝突するのでしょうか。衝突という一つの現象があり、これが二つの事故パターンに分類できたのですが、この衝突を発生させないようにするためには、最も単純なことですが、衝突できないようにすると言うことです。すなわち、走行する車の全てが、安全に車を運用するための空間(スペース)を保つことです。車は動かすもの、走らせるものなのですから、その走行速度に合わせて適正な車間距離を保つことは当然必要ですし、走行している自分の車の前後左右の周囲に、出来る限りの安全空間を保ちながら走る工夫が必要になります。

出典:中古車を25万高く売った方法を紹介

運転者の状況

しかし、交通事故の発生の原因を解明するといっても、一般的な車両相互の衝突事故一件だけでも、現場の道路環境、道路構造、路面状況、事故発生時の交通状況、時間帯、気温、天候を基礎資料として収集し、当事者双方の車両構造、走行方向、速度、衝突角度の解明が必要で、そ の上、運転者の状況として、運転経歴、家族構成、職業、事故当時の肉体的精神的状況などなど、さまざまな要因を分析し、解明しなければなりませんので、大変な作業であることは間違いありません。これが複雑な二重三重事故となると、原因究明に要する時間もかなり必要になることはまちがいなきそうです。難しい研究や事故原因の解明は別として、私たちが事故を起こしたり、ぶつけられて被害者になったりする、この交通事故そのものがいったいどのようなものなのかを知ることは、事故防止に役立つのではないでしょうか。まず第一に、交通事故とは、いったいどのような状態のことを指すのかを知らなければなりません。一般的な答え方をすれば、『走っている車、(動的物体)が、進行方向(前方あるいは後方)に突然発生した障害物、もしくは、以前からその場所に存在していた障害物に衝突する現象』であると言うことです。障害物とは、人物、動物、車両、電柱、看板、ガードレール、縁石、物品、その他あらゆるものが障害物になりえます。そしてこれらの中で移動できるものが、突然発生した障害物にもなりえます。具体的に説明すると、動いている車を前提として、衝突には、車対車、車対人物、車対構築物などいろいろあります。

参考:

被害を受けない運転方法

身体のいたるところが痛く感じるとともに、車が潰れたときの、あのなんとも言いようのないグシャツと潰れる音とその振動が蘇ってきて、このときに本当の恐さを知り、寝つかれなかった」と言うことです。車を運転するすべての人は、このような体験はしたくないはずですし、また、事故体験などは一生涯しないことが、何よりも大切なことなのです。しかし、一分間に約一・五件の交通事故が発生している現実の社会を見ますと、とにかく、運転をするときは常に、細心の注意しながら安全運転をしなければならないことが解かるでしょう。受通事故の実態車を運転する場合、どのような人でも「交通事故を起こしたり、巻き込まれて被害を受けないように」と願う気持ちなど、交通事故のことが一瞬頭をかすめるものなのです。ということは、私たちの身の回りで、交通事故が日常茶飯時のように発生している事の現れなのでしょう。交通事故を起こしたくて起こす人は一人もいないはずで、結果的に加害者になってしまったり、または被害者になってしまうものです。この思まわしい交通事故を起こさない良い運転方法は、ないだろうか、また、被害を受けない運転方法はないだろうかなど、この問題は、すべての人々が考え、願う世界共通の問題です。現在、交通事故をより科学的に分析して、交通事故防止を図ろうとする国の研究施設も活動していますし、近年、民間においても、車交通関連企業、大学などで積極的な研究活動が盛んに行なわれるようになって来たことはよろこばしいことでもあります。

参考:

シートベルトで助かった

いくら自分が交通ルールにしたがった運転をしていても、交通ル lルを違反して運転しようとする者に対しては、なす術が無いといえるのです。自分だけは:・などと手前勝手な理屈が通るほど、現代の自動車交通社会は甘くないことだけは、しっかりと肝に銘じておいてほしいものです。大型トラックと衝突して、幸いにも車両の損害と、軽い負傷で済んだ知人がいます。彼は、運転歴三十年ほどですが、今まで大きな事故を経験していなかったそうです。その彼は、被害を受けた車両の助手席に乗っていた時のことで、事故が発生した様子を次のように話してくれました。つ危ない。と思った瞬間、ブレーキを踏む音と同時にタイヤのスリップする音が聞こえた時には 既に相手のトラックが自分たちの乗っている車の直前に迫ってきていて、グシャツと車の潰れる音とともに自分の体が浮いて全身に強烈な衝撃が走った。ほんの一瞬の出来事であって、本当のことを言えば、気が動転してしまい何がなんだかわからないまま、あっという聞にすべてが終わっていたという感想だ。その現場では、大型トラックに衝突されたのだというショック状態と何だか解からない興奮状態とに襲われ、シートベルトで助かったものの、肩に受けたベルトの傷の痛さや身体のそこかしこの痛みやかああ、助かった{ という実感も何も感じられず、ただ頭の中が真っ白状態であった。この事故の本当の恐さを実感したのは、その夜寝ょうと思ったときになってからです。

主典:

車交通社会の中

一年間の総額で約三兆二千億円を超えると言われています。大変な数字に達していることがおわかりでしょう。私たち人間の多くは、自分にかかわることになると、自己主張をし積極的に意見を言いたくなるものですが、直接自分に降りかかる問題でないときなどは、無関心を装ってしまう事が多いように思います。しかし、交通事故に関しては、国民皆免許時代の到来と言われています通り、私たちは、車交通社会の中にどっぷりと漬かって生活をしているわけですから、目を逸らすことなく、自分の身近かな問題として考えていただきたいと思います。 交通事故の本当の恐さは、実際に体験した人でないと解からないは当然のことです。被害者は当然として、加害者も被害者同様に大きな精神的および経済的痛手を抱えることになるところに、交通事故の恐ろしきがあるのではないでしょうか。もし、あなたがたの中には「自分は車の運転が他人以上に上手なのだから、自分だけは決して交通事故を起こすはずがないし、事故を避げるだけの運転技術があるから、自分だけは絶対に交通事故に巻き込まれることはない」と自分勝手なことを考えている人はいないでしょうか。本当に、そのように言い切れるでしょうか。むしろこの言葉そのものが、自分に対する甘えの現れであって、慢心そのものの言葉ではないでしょうか。いまさら説明するまでもなく、交通事故というものは、いつ、どこで、誰が、どのような事故を起こすかも知れませんし、事故の被害を受けるかもしれないのです。

参考: